明確な範囲がない自由なお葬式!?知っておくと必ず役立つ家族葬の豆知識をご紹介

当サイトでは知っておくと役立つ家族葬の豆知識をご紹介しています。
明確な範囲がない自由なお葬式ともいえる、身内だけの葬儀に関心がある人におすすめです。
密葬もごく身内だけで執り行う葬儀であるため、違いが分からないという人もいるかも知れません。
それぞれの違いを知り、様々な人のケースに合わせて最適な方法を選ぶことが大切です。
最近注目を集めている、こういった家族だけの葬儀を選ぶことで得られるメリットも詳しく説明しています。

明確な範囲がない自由なお葬式!?知っておくと必ず役立つ家族葬の豆知識をご紹介

家族葬はどのようなお葬式なのか、という疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。
家族葬は主に家族を中心とした身内だけで行われることの多いお葬式です。
従来のような一般会葬者も呼ぶ一般葬と区別するためにこういった呼び方をされています。
しかし明確な定義がある訳ではなく、故人と親しかった友人や親族を呼ぶこともあります。
呼ばない親族や知人へ、しっかりと通知をすることがトラブルを避けるために大事なポイントです。

新しい葬儀スタイル!?そもそも家族葬とは?

近年高齢化社会が進み、故人と親しかった人が参列することが難しくなっています。
仕事関係などビジネスの一環として行われることも多く、本来の意味である故人を偲びお別れをする、ということが薄れているのが現状です。
費用も多額になることが多いため葬儀に関して負担にならないよう、生前から親しい身内のみで行うよう、遺言を残す人もいます。
このような流れから注目されている葬儀スタイルに家族葬があります。
家族葬は一般の参列者がお焼香をすることはなく、遺族やごく親しい親族のみで執り行われる新しいお葬式です。
親しい人で行うので一般的なお葬式では必須の受付なども設けられていませんし、僧侶に読経してもらう必要もありません。
家族葬そのものを自分たちで考えることができ、自由に様々なことを行うことができます。
また参列者がいない分、ゆっくりとお別れをすることができるので、納得して送り出すことが可能です。
事前に準備をしたり用意をしたりすることが少ないので、家族葬を行う人が増えています。

知っておきたい家族葬と一般葬の違いとは?

家族葬は、文字通り親兄弟、親戚といった身内だけで行う葬儀になります。
それに対して一般葬は身内はもちろん、故人と生前に親交があった友人や会社の同僚など、出席者が限定されません。
生前に社会的地位が高くビジネス関連の付き合いが多い、友人がたくさんいたという人は参列者が増えることもあります。
家族葬を選択する大きなメリットが費用の安さです。
参列者が最小限の人数に限定されるので、会場の使用料や通夜で提供する料理の費用を抑えることができます。
突然の訃報でまとまったお金を捻出すのが難しい状況でも費用の心配がありません。
入れ替わり訪れる慰問客の対応に追われることなく、家族と一緒に故人との思い出に浸れるのも家族葬の魅力になります。
一般葬はより多くの人に見送ってもらえるのがメリットです。
生前お世話になった人達に、直接感謝の気持ちを伝えることができます。
親しい付き合いがあった人にお別れを言える場を提供できるのもメリットの一つです。

家族葬は参列をお断りする一文を訃報の葉書に添えることが多い

身内で不幸があった際には故人が生前お世話になった人や交友があった人などに、無くなった事を知らせるために訃報の知らせをする必要があります。
より交友が頻繁に行われている場合であれば電話などで連絡する事もありますが、それ以外であれば葉書を利用して知らせるという手段も多いです。
その際に葬儀のプランが既に決まっており家族葬を予定している場合、参列者自体を制限して葬式を行う事になります。
ごく限られた身内や親類のみで行う場合もあれば、遺族が人数なども踏まえて事前に参列する人を限定しているケースが多いです。
一般葬であれば制限などがないので多くの人は自由に葬式に来る事が出来ますが、そうでない場合はしっかりはがきで一言添えて遠慮してもらう事が重要となります。
家族葬で行う理由なども書き添えることで、相手側も事情や都合を伝える事が出来ます。
無下に断るのではなく理由を明確に伝えることで、相手に失礼なくお断りする事が可能です。

家族葬は弔電・お香典・供花など辞退することもある

家族葬では、通常のお葬式で行われるしきたりを行わないことがあります。
一例として挙げると弔電やお香典、供花などを辞退することです。
弔電やお香典を贈る側は、親しい人が亡くなった場合には故人の冥福を祈りたいという気持ちから、そうしたことを形にして行いたいと思うかもしれませんが、あくまで、家族葬を行う側の意向を理解する必要があります。
また、受け取る側も送る側の気持ちを察して、弔電やお香典、供花を断る際にも丁寧な対応が必要となるでしょう。
ただし、一般的には、お香典や供花の辞退は受け入れても、弔電に関しては受け取る人が多いのも現状です。
理由としては、弔電に関してはあえて、お礼をする必要がないことに加えて、故人と親しかった人が弔意を述べる機会を失わせることに値するからです。
亡くなった故人もあの世で、自分と親しかった人がどんな思いで現状を受け入れているのか、一緒に過ごした思い出を懐かしみながら聞いていることでしょう。